トップページ


 私達は、あなたの乳牛です。
「私達は、あなたの乳牛です。
私達はあなたの下さる物を食べ、 住まして下さるところに住みます。
よい牛にもなれば、悪い牛にもなります。
丈夫にもなれば、弱くもなり、気持ちよく暮らすこともでき、
不愉快にもなります。
このように私達の運命は酪農家まかせなのです。」
牛も一頭一頭個性があります。
それを見分けながら、よい牛乳を生産してくれるよう、この言葉を念頭に、
毎日一緒に生活しています。
牛の健康管理には細心の注意をはらっています。牛の自然な毛づやが一つの目安になります。

 
牛も分娩をしてはじめてミルクを出してくれます。
分娩をして一ヶ月、大きく張ったピンク色の乳房です。
乳頭を引っ張って強く押すと、白くあったかいミルクが飛び出します。
この乳房から出るミルクもまた特別牛乳になります。
人と牛が助け合ってミルクが搾られて、生き物の命をとっても大切にしているところが牧場なのですよ。

 
良質な牛乳を出してもらう為に、良質な草をできるだけたくさん食べてもらえる様にクローバー牧場ではいろいろと工夫をします。
牛が食べたい時に食べれるように給餌回数を増やし、飼料計算をして、一頭ごとに濃厚飼料の量を決めます。
牛の”健康”も見えない部分の積み重ねで、「特別牛乳」を作るためには必要不可欠になってきます。

 
牛が一日に食べるエサ(牧草、穀類)の量は現物で約30キロも食べます。
エサはとうもろこしはもちろんのこと、大豆やその他のエサすべてにおいて、遺伝子組み替えをしていないエサを食べさせています。
また、無農薬、低農薬や化学肥料の使っていないものを食べさせるようにしています。牛はおいしくない物にはソッポを向かれます。特別牛乳生産は良質なエサから始まります。

 
牛舎内は分子の細かいマイナスイオンが多く含んだ水を霧状に散布してあげます。
空気中の酸素を増やす事、マイナスイオンが多く含んだ水をたくさん飲む事で、ストレスを和らげてあげます。水、飼料等牛が口にするすべての物をマイナスイオン化処理をし、牛の体質、体液を変えることで、牛の血液がサラサラになります。
牛舎の周囲には炭を埋め、牛床マットの下にも炭を入れ磁場を整えています。
クローバー牧場では、まず安全性の高い牛乳を作るため、牛の健康を一番の基本として考えます


 電子水はこんな水
電子水はこんな水です。 クローバー牧場の牛はこの水をたくさん飲んでます!
  • おいしい
    水道水のカルキ臭が除去され、のどの通りが良く、やわらかい感じがして美味しい!
  • 溶存酸素が多い
    普通の水に比べて、電子水には沢山の酸素が含まれています。
  • 弱アルカリ性である   
    私達のカラダと同じ「弱アルカリ性」です。(体調が崩れてくると、カラダはより酸性にかたむいてきます。)
  • 水の分子集団(クラスター)が小さい
    下の図のように、水の分子(H2O)の集まりの一つ一つが、普通の水に比べ小さい。
  • マイナスイオンが多い
    私達のカラダや身の回りの全ての物によい影響を与える「マイナスイオン」が多く含まれています。

    電子水には、こんな効果があります。
  • 水でカラダが変わる
    私達のカラダの60〜70%が水分です。その水分の善し悪しで健康か不健康かに分かれます。(弱アルカリ性ですから、体が酸性にかたむいてくるのを防げます。)良い水分を十分に摂取して、カラダの中を良い水分に変えていくことが健康維持に役立ちます。また水の分子集団(クラスター)が小さいので、血液(約90%が水分)のきめが細かくサラサラなり細胞に浸透しやすく、細胞の隅々まで酸素や栄養分を運ぶと同時に老廃物を排出することができます。たかが水ですが、こんなにも私たちの体にとって重要な役割を果たしているのです。
カラダを変えるのは水が一番!
  日々の生活で、老廃物や食べ物に含まれる添加物・残留農薬等また、環境の悪化で、カラダの中にたまった必要ないものを、良い水を飲んで排出させましょう!
電子水だとこんなにも・・・ 
電子水は普通の水に比べてクラスターが小さいので、より細胞の中に浸透し酸素や栄養分を運んだり、老廃物等を排出したりできます。そういったことがなぜカラダにいいかというと、細胞が活性化されるからです。
細胞が活性化
されると、人間が本来持っている「自然治癒力」が高まり、病気になりにくくなったり、ケガが治りやすくなったりするのです。
クローバー牧場はすべて100%自家育成をしています。他所からの牛の導入は全くしておりません。
 
 
クローバー牧場ではどうゆう風に搾乳され特別牛乳になるのかご紹介致しましょう。
搾乳は、ミルカーという機械で搾ります。牛に不快感を与えず、衛生的に手早く行う事をもっとも大切にしています。
  1. 搾乳器具や手指を清潔に消毒し、ゴム手をはめます。
  2. ミルカーをつける前に、一頭につき2枚の消毒したタオルで乳頭、乳房を清潔にします。
    (効果的な搾乳刺激と衛生)
  3. 搾り始めの牛乳は手搾りで2,3回搾り、捨てます。
  4. ミルカーを乳頭に装着します。
    (パイプの内側は真空状態になっている為、外気に牛乳が触れない状態で、工場に直接入ります。)
  5. 搾乳終了の判断でミルカーをはずし、乳頭を消毒します。
    このように衛生的に素早く、搾乳された牛乳を直ちに殺菌処理(63℃30分)されて 種類別特別牛乳が出来上がります。 搾乳は人と牛との協同作業です。 よりおいしく健康に飲んで頂けるように、 牛と共に頑張っております。

搾乳は人と牛との協同作業です。
よりおいしく健康に飲んで頂けるように、牛と共に頑張っております。

緩効性有機質肥料
マイティソイル
  • 増収はもとより自然食品としてひっぱりだこの ビタミン、ミネラル、カルシウムの含有量の多い作物ができます。
  • 土壌塩基不足を補い土壌のPHの調整効果があります。
  • 土壌中で有能な微生物を繁殖させ土壌を活発化させます
  • 秋落、冷害防止、嫌地現象を軽減させます。
  • 土壌に粗大有機物を貯えCECの増大が計れます。
  • 化学肥料の効果を促進させます。
    自然の生態系を大切にする肥料です。
 

Copyright(c) 2007 Clover Dairy Farm. All rights reserved.